So-net無料ブログ作成
検索選択
スタジオジブリ ブログトップ

★★【2017 4月中旬発売予定 予約受付中】風の谷のナウシカ 全7巻 箱入りセット 「トルメキア戦役バージョン」  #風の谷のナウシカ #宮崎駿 #スタジオジブリ [スタジオジブリ]



★★【2017 4月中旬発売予定 予約受付中】風の谷のナウシカ 全7巻 箱入りセット 「トルメキア戦役バージョン」



月刊「アニメージュ」に連載され、映画『風の谷のナウシカ』の原作にもなったコミックス全7巻セットが、
宮崎駿監督の水彩画 「トルメキア戦役」で彩った美麗な特製箱入りで登場。

映像化されたストーリーは、このコミックスのおよそ2巻目まで。

映画では語られなかったその後の世界や、ナウシカの活躍を知ることができる。

アニメーション作家、宮崎駿の名を広く世の中に浸透させた映画
『風の谷のナウシカ』の原作コミック。

アニメーション雑誌「アニメージュ」に1982年2月号から連載が始まるや、
可憐だが芯が強く行動力のある女性主人公ナウシカをはじめ、
「王蟲」などの巨大で不気味な蟲(むし)たちの存在、
そしてそれらを取り巻く壮大で奥深い物語世界を精緻に描いて、
ファンの間でたちまち話題になった。

「火の七日間」と呼ばれた世界大戦から1000年後、地球は、毒ガスを吐き出し、
不気味な蟲たちが徘徊する「腐海」と呼ばれる森に覆われようとしていた。

ナウシカは、腐海のほとりにある「風の谷」の族長の娘である。
ある日、風の谷に、蟲たちに襲われた1隻の商船が不時着したところから物語は始まる。
それは軍事大国トルメキア王国と、それに対抗する土鬼(ドルク)諸侯国との
泥沼の戦乱の始まりでもあった。
ナウシカはひとり風の谷の命運を背負って、その戦いに飛び込んでいく。

連載中に映画化が決定し、折からのエコロジーブームと絡み合って社会現象にまでなった。
映画化されてからも連載は続き、たびたび中断しながら、
1994年3月にようやく完結にこぎつける。実に13年も費やした大作となった。





*詳細・ご購入はこちら↓↓↓↓

★風の谷のナウシカ 全7巻 箱入りセット 「トルメキア戦役バージョン」(入荷予約)




【★宅配受取り・セブンイレブン店舗受取り(送料無料)が選択できます】


>>★★スタジオジブリ 公式ストアは コチラ

























nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
スタジオジブリ ブログトップ











ブログを作る(無料) powered by So-netブログ